All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆ブログランキング参加しています☆
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017'01.03 (Tue)

鈴木先生

ニューイヤーシネマで、鈴木先生の映画が放送された。途中から見たんだけど、やっぱ面白いし色々考えさせられた。

学校は普通の子の心の磨耗によって支えられている、という鈴木先生の考えはその通りだと思うし、実際私も良い子ほどよくみれていないなという感じがある。時間があるときには甘えさせてあげたいなと思ってはいるけど。

今回の映画はそんなずっと我慢していた良い子が事件を起こす話で、おそらくよくある「なんでこの人が」というやつなんだろう。真面目な人ほど損をする世の中もどうかとは思うけど、世の中、真面目かどうかよりうまく世渡りできるかどうかだなとは思う。映画の犯人は、学校で先生の言われる通りに真面目に良い子で育ってきて、社会を渡る術が身に付かなかったが、あの頃バカみたいに騒いでいた人達はうまく世渡りして今では成功している、じゃああの頃教わったのはなんだったんだよ‼という思いで、犯行にうつした。それは私も思うところはある。真面目ってのは社会を渡っていくうえでの武器にはなるけど、それだけじゃやっていけないところってあるなぁっては思う。人と話す力とか、気配りとか、素直さとか、可愛がられる人が得するなってのは感じる。あとは置かれる環境とか、一緒に働く人とか、それはやってみなきゃ分からないし、運としか言えないな。

最後に犯人に向けて鈴木先生が「無理に世間や社会に対して罪悪感を持つことことはない。自分と自分のことを想っている人のことだけをしっかり見つめていればいい」みたいなことを言ってたのが心にしみました。人生に疲れたら、最後は自分と自分のことを想っているであろう数名に対して恥じないような生き方であればそれでいいよなって思う。そうすれば自然と最悪な方向には道を踏み外さないとは思う。まぁ、現実、それだけでは生活できない部分もあるけど、追い詰められたときにはこの言葉思い出したいなとは思います。

あとは、この作品が私が長谷川博己を好きになったきっかけの作品でもあって、腹黒・眼鏡・ミステリアスを兼ね備えた理想像でもあって、格好いいなぁ~とニヤニヤしながら見てました(笑)土屋太凰ちゃんも、初々しい頃だったけど真の強い小川さんにぴったり合ってて良かった。

スポンサーサイト


☆ブログランキング参加しています☆
04:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonokanto.blog.fc2.com/tb.php/620-86b0869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。