All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆ブログランキング参加しています☆
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'05.04 (Wed)

時には昔の話を

加藤登紀子の「時には昔の話を」の歌詞が心にしみるようになった。時代は違っても感じるものは同じで。1番や2番にあるような体験はないけど、昔の友人・知人を懐かしんで寂しく感じる気持ちは同じだなって思う。
3番の「どこにいるのか今では分からない友達も幾人かいるけど あの日の全てがむなしいものだとそれは誰にも言えない 今でも同じように見果てぬ夢をえがいて 走り続けているよね どこかで」という歌詞がすごくぐっとくる。
年取るとそういうものだよね。あの頃あれだけ仲良かったはずなのにあれだけ何でも話せる関係だったのに、という人がたくさんいる。もし、久しぶりに再開したとして、同じように話せるかというと離れていた時間をお互いがそれぞれ生きてきて自然と立場も関係も変わっていてどこかぎこちない感じになるんだろうなって思う。それこそ前の日記でも書いたけど思い出の中だから綺麗にあるんだろうなとも思う。

昨日、今日と長野時代の友人と思い出巡りの旅をしました。好きな町だったし、すごく懐かしくて楽しかったけど、挫折した町でもあるから複雑な気持ちになった。すっごく楽しかったし、また行きたいって思う町なんだけど、なんとなく申し訳ない気持ちになってくる。もっと頑張ることができれぱ違ったのかなぁ~?って思いが消えなくて。別に看護師には未練ないし、なりたいとも思わないけど、頑張れなかった自分の性格には未練タラタラです。と言いながらも、変わろうとする努力もしないわけですが。看護師になる、ならんはどうでもいいけど、ちゃんと卒業していれば堂々とした気持ちでこの町を楽しめたのかな?って思う。そもそも私は努力するってことができない人だからなぁ~って。頑張るってなんだろう?死ぬ気で頑張るってやっぱそれだけ強い気持ちがないと無理だし、やっぱり私は気持ちがよわいんだろうなぁ~。

そんなことをふと思った長野旅行でした。
スポンサーサイト


☆ブログランキング参加しています☆
21:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonokanto.blog.fc2.com/tb.php/563-a9b092fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。